スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァーユフェザー2

>《ネクロ・ガードナー》
《召喚僧サモンプリースト》と《ネクロ・ガードナー》のどちらを採用するかで少し悩みましたが、序盤はライフポイントを使って手札を溜めると言うこのデッキの性質上、どうしても後手番に回らざるを得ず、まず相手の攻撃を受け切らなければいけないので、今回は《ネクロ・ガードナー》を採用しました。



>《サイクロン》
暗黒界が減少し、最近はメインデッキでの《サイクロン》の採用率が減少したように思いますが、それと同時に天使が罠カードを多めに採用し始めたので、以前よりも《サイクロン》が紙になり難く、またこのデッキは各々のカードパワーが低いデッキなので、たとえ1KILLが出来る手札であっても、1枚の伏せカードに対してかなり慎重にならざるを得ない局面が多々あった為、《サイクロン》の採用に至りました。



>《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《くず鉄のかかし》ほどではありませんが、墓地に《ネクロ・ガードナー》が存在する局面では、相手が2体以上のモンスターで攻撃して来る可能性に期待が出来る為、《激流葬》や《聖なるバリア-ミラーフォース-》、《ブラック・ホール》と言った1枚で多数のアドバンテージが取れるカードを有効に活用する事が出来るのではないかと思い採用しました。



>《A・O・J カタストル》、《A・O・J ディサイシブ・アームズ》
《A・O・J カタストル》は《異次元からの帰還》を発動してもゲームエンドまで持ち込めない時に《ゾンビキャリア》と《ネクロ・ガードナー》を墓地に送れる点を、《A・O・J ディサイシブ・アームズ》は天使に対してのカードパワーの高さをそれぞれ評価して採用しましたが、前者は状況が限定的過ぎてシンクロ召喚する機会が少なく、後者はTGを投入した天使が台頭した事によって、かなりハイリスクローリターンなカードになってしまったので、現在はどちらも抜いて、空いた枠に《機甲忍者ブレード・ハート》と《No.39 希望皇ホープ》を投入しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

播磨

Author:播磨
三ノ宮~姫路でジャイアンやってます。

勉強になったでしょ?

Twitter:@harimasi

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。