スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラクリ

モンスター(12枚)
カラクリ兵 弐参六×3枚
カラクリ忍者 九壱九
カラクリ小町 弐弐四×3枚
カラクリ商人 壱七七×3枚
カラクリ守衛 参壱参
カラクリ参謀 弐四八

魔法(20枚)
貪欲な壺
大嵐
精神操作
借カラクリ蔵×3枚
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)×3枚
サイクロン×3枚
カラクリ解体新書×3枚

罠(8枚)
鳳翼の爆風
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
神の警告×2枚
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.17 リバイス・ドラゴン
カラクリ将軍 無零×2枚
カラクリ大将軍 無零怒×2枚
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ナチュル・ビースト
ナチュル・ランドオルス
ブラック・ローズ・ドラゴン
メカ・ザウルス×2枚
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク



今日は少し忙しいので、使用した感想などは後日に書きます。
スポンサーサイト

メモ

・《簡易融合》は1ターンに1枚しか発動する事が出来ない。



・《カラクリ守衛 参壱参》はフィールド上に表側攻撃表示で存在する限り戦闘では破壊されない。



・‘フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、このカードの表示形式を守備表示にする。’と言う効果を持つカラクリと名の付いたモンスター



→《カラクリ参謀 弐四八》、《カラクリ商人 壱七七》、《カラクリ兵 弐参六》



・‘フィールド上に表側表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、このカードの表示形式を変更する。’と言う効果を持つカラクリと名の付いたモンスター



→《カラクリ小町 弐弐四》、《カラクリ守衛 参壱参》、《カラクリ忍者 九壱九》

今後の方針

「ブログの更新は3日に1回を目標にしたい」とは言ってみたものの、出来るだけ遊戯王の記事を書こうとすると、どうしてもデッキレシピの記事が多くなってしまい、あまり使い込む時間が取れず、満足に構築を練れていないデッキの記事を書かざるを得ない状況になって来たので、今後は日常生活の雑記も書いていこうと思います。

カエル帝

モンスター(24枚)
冥府の使者ゴーズ
風帝ライザー×3枚
粋カエル
邪帝ガイウス×3枚
砂塵の悪霊
虚無魔人(ヴァニティー・デビル)×3枚
鬼ガエル×3枚
黄泉ガエル×3枚
トラゴエディア×2枚
グローアップ・バルブ
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(10枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
ワン・フォー・ワン
ブラック・ホール
クロス・ソウル×3枚

罠(6枚)
水霊術-「葵」×3枚
マインドクラッシュ×2枚
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
TG ハイパー・ライブラリアン
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ガチガチガンテツ
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・フェニクス
フォーミュラ・シンクロン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 グングニール
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク



デザイナーズデッキではないにも関わらず、それぞれのカードがコントロールと言うテーマに沿って纏められていて、非常に美しいデッキだと思います。

レスキューラビット2

>《コアキメイル・ガーディアン》
《ヴェルズ・ヘリオロープ》が岩石族なので、《エヴォルカイザー・ラギア》の弱点である裏側守備表示モンスターへの回答として採用しましたが、手札に岩石族モンスターが存在しない局面が多く、使い難さが目立ったので、現在はサイドデッキからスタートする構築にしています。



>《強制脱出装置》
《エヴォルカイザー・ラギア》をエクシーズ召喚した後に相手の行動を妨害するカードが欲しかった事やモンスターの平均的な攻撃力が高いデッキなので、中盤以降に能動的に発動して、一気にゲームエンドまで持ち込む事が出来る可能性を評価して採用しました。



流石に3枚投入するのはやり過ぎではないかと思いましたが、エクシーズ召喚やシンクロ召喚を多用するデッキが猛威を振るっているこのご時勢、何枚引いても困った事はなかったです。

レスキューラビット

モンスター(16枚)
レスキューラビット×3枚
セイバーザウルス×3枚
ジュラック・グアイバ×3枚
コアキメイル・ガーディアン×3枚
ヴェルズ・ヘリオロープ×3枚
N・グラン・モール

魔法(10枚)
次元の裂け目×3枚
月の書
禁じられた聖槍×3枚
強欲で謙虚な壺×3枚

罠(14枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×3枚
強制脱出装置×3枚
ダスト・シュート
スターライト・ロード

エクストラデッキ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
ヴァイロン・ディシグマ
ヴェルズ・ナイトメア
ヴェルズ・バハムート
エヴォルカイザー・ラギア×3枚
カチコチドラゴン
ジェムナイト・パール
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン



使用した感想などは後日に書きます。

ラヴァル

モンスター(16枚)
炎の精霊 イフリート
ラヴァル炎樹海の妖女
ラヴァル炎湖畔の淑女×3枚
ラヴァル炎火山の侍女×3枚
ラヴァルのマグマ砲兵
ラヴァル・ランスロッド
ラヴァル・キャノン×3枚
フレムベル・ヘルドッグ×3枚

魔法(16枚)
封印の黄金櫃×3枚
大嵐
精神操作
真炎の爆発×3枚
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
炎熱伝導場×3枚

罠(8枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
炎塵爆発
トラップ・スタン
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
エンシェント・ゴッド・フレムベル
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン×2枚
ラヴァル・ステライド
ラヴァル・ツインスレイヤー
ラヴァルバル・ドラグーン
ラヴァルバル・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク



《炎熱伝導場》からの《真炎の爆発》で、《スターダスト・ドラゴン》と《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚した後、この場を維持する為に、もう少し伏せるカードを採用したかったのですが、枠がありませんでした。



局面毎にプレイの選択肢が多いデッキなので、常に最善手を選択する為には、もう少し使い込む必要がありそうです。

カオスライトロード

モンスター(24枚)
冥府の使者ゴーズ
裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)×3枚
ライトロード・モンク エイリン
ライトロード・マジシャン ライラ
ライトロード・ビースト ウォルフ
ライトロード・ハンター ライコウ
ライトロード・パラディン ジェイン
ライトロード・ドルイド オルクス
ライトロード・サモナー ルミナス
ライトロード・ウォリアー ガロス
トラゴエディア×2枚
ダーク・アームド・ドラゴン
ゾンビキャリア
グローアップ・バルブ
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カオス・ソーサラー×3枚
カードガンナー×2枚
オネスト

魔法(15枚)
貪欲な壺
大嵐
死者蘇生
光の援軍
禁じられた聖槍×3枚
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
ブラック・ホール
ソーラー・エクスチェンジ×3枚

罠(1枚)
狡猾な落とし穴

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
No.39 希望皇ホープ
TG ハイパー・ライブラリアン
アーカナイト・マジシャン
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

カオスフェザー

モンスター(20枚)
終末の騎士×3枚
ライオウ×3枚
ダーク・グレファー
ダーク・アームド・ドラゴン
ゾンビキャリア
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カードガンナー×2枚
BF-大旆のヴァーユ×3枚
BF-精鋭のゼピュロス
BF-疾風のゲイル
BF-暁のシロッコ×3枚

魔法(8枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
異次元からの埋葬
闇の誘惑
ブラック・ホール

罠(12枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
次元幽閉×3枚
激流葬
異次元からの帰還
ダスト・シュート
ゴッドバードアタック×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
BF-アーマード・ウィング×2枚
BF-アームズ・ウィング×2枚
BF-孤高のシルバー・ウィンド
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
インフェルニティ・デス・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
サイクロン
スノーマンイーター×3枚
ヂェミナイ・デビル×3枚
マインドクラッシュ×2枚
昇天の黒角笛(ブラックホーン)
神の警告×2枚
転生の予言
魔のデッキ破壊ウイルス
霊滅術師 カイクウ



《ダーク・グレファー》の枚数が難しい。



《ダーク・グレファー》の効果を使いたいのが最初の一度だけなので、2枚目以降が不要になる可能性を考慮した結果、現在の枚数に至る訳ですが、手札の《BF-大旆のヴァーユ》の処理や展開が早いデッキを相手にする時の事を考えると、3枚欲しいと思う訳です。



《カードガンナー》と《ダーク・グレファー》のどちらを採用するかは、慎重に環境を見極めた上で判断したいと思います。

再始動

ご無沙汰しています、播磨です。





この度、だらけにだらけ切ったこのブログを一新する為に、思い切って過去の記事を削除しました。





「過去のインスピレーションを大事にした方が良い」と言う、尊敬している遊戯王プレイヤーの教えがありましたが、自ら退路を断つくらいはしないと、再三と決意が揺らいでしまいそうだった為、止むを得ないと判断しました。





ブログの更新は3日に1回を目標にしたいと思うので、3日坊主にならないように頑張りたいと思いますッ!!
プロフィール

播磨

Author:播磨
三ノ宮~姫路でジャイアンやってます。

勉強になったでしょ?

Twitter:@harimasi

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。