FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活

遊戯王のデッキ調整にDOと言うツールを用いなくなってから数年が経ち、今となっては過去に自分が使用していたデッキを文書と言う形で残す習慣は途絶え、その時に自分が何を考えてデッキを構築していたのかを参照する事も振り返る事も出来なくなりました。





流石にこのままでは今までに時間を費やして得た経験値が風化しかねないので、これからは大会で使用したデッキをこまめに文書で残そうと思います。





今回は三日坊主にならないように頑張ります。
スポンサーサイト

再開

社会人になってから色々と忙しかったので、半年ほど遊戯王を休止していましたが、最近になってようやく落ち着いてきたので、9月から遊戯王を再開しました。



それに伴い、ブログの更新も再開したいと思いますので、今後とも当ブログをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

カラクリ2

>《カラクリ解体新書》
《ナチュル・ビースト》をシンクロ召喚した後に相手の行動を妨害するカードをドローしたかったので採用しましたが、カラクリの展開のパターンを解析した結果、何れのパターンも《借カラクリ蔵》がないと《カラクリ解体新書》を発動したターンに《カラクリ解体新書》の効果を発動する条件を満たす事が困難だった為、現在はメインデッキから抜いて、空いた枠に《強制脱出装置》や《我が身を盾に》などを投入しています。



>《鳳翼の爆風》
《カラクリ商人 壱七七》や《借カラクリ蔵》などのデッキから手札にカードを加える効果を持つカードを多めに採用しているので、これらのカードの弱点である《マインドクラッシュ》や《ライオウ》への回答として気休め程度に採用しました。



《サンダー・ブレイク》と《鳳翼の爆風》のどちらを採用するかで少し悩みましたが、天使の《ガチガチガンテツ》やドラグニティの《スターダスト・ドラゴン》などが気になったので、今回は《鳳翼の爆風》を採用しました。

メモ

・《簡易融合》は1ターンに1枚しか発動する事が出来ない。



・《カラクリ守衛 参壱参》はフィールド上に表側攻撃表示で存在する限り戦闘では破壊されない。



・‘フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、このカードの表示形式を守備表示にする。’と言う効果を持つカラクリと名の付いたモンスター



→《カラクリ参謀 弐四八》、《カラクリ商人 壱七七》、《カラクリ兵 弐参六》



・‘フィールド上に表側表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、このカードの表示形式を変更する。’と言う効果を持つカラクリと名の付いたモンスター



→《カラクリ小町 弐弐四》、《カラクリ守衛 参壱参》、《カラクリ忍者 九壱九》

レスキューラビット2

>《コアキメイル・ガーディアン》
《ヴェルズ・ヘリオロープ》が岩石族なので、《エヴォルカイザー・ラギア》の弱点である裏側守備表示モンスターへの回答として採用しましたが、手札に岩石族モンスターが存在しない局面が多く、使い難さが目立ったので、現在はサイドデッキからスタートする構築にしています。



>《強制脱出装置》
《エヴォルカイザー・ラギア》をエクシーズ召喚した後に相手の行動を妨害するカードが欲しかった事やモンスターの平均的な攻撃力が高いデッキなので、中盤以降に能動的に発動して、一気にゲームエンドまで持ち込む事が出来る可能性を評価して採用しました。



流石に3枚投入するのはやり過ぎではないかと思いましたが、エクシーズ召喚やシンクロ召喚を多用するデッキが猛威を振るっているこのご時勢、何枚引いても困った事はなかったです。
プロフィール

播磨

Author:播磨
三ノ宮~姫路でジャイアンやってます。

勉強になったでしょ?

Twitter:@harimasi

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。